読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光寿堂 kojudo

佐野明弘さんの本の注文承ります

歎異抄 第二条

二条は長いので、(けれどもとても身近なので)自己判断で改行しました

二、 おのおの十余か国のさかいをこえて、

身命をかえりみずして、たずねきたらしめたまう御こころざし、

ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり。

しかるに念仏よりほかに往生のみちをも存知し、

また法文等をもしりたるらんと、

こころにくくおぼしめしておわしましてはんべらんは、おおきなるあやまりなり。

もししからば、

南都北嶺にも、

ゆゆしき学生たちおおく座せられてそうろうなれば、

かのひとにもあいたてまつりて、往生の要よくよくきかるべきなり。

親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、

よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり。

念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、

また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。

総じてもって存知せざるなり。

たとい、法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう。

そのゆえは、自余の行もはげみて、仏になるべかりける身が、

念仏をもうして、地獄にもおちてそうらわばこそ、

すかされたてまつりて、という後悔もそうらわめ。

いずれの行もおよびがたき身なれば、

とても地獄は一定すみかぞかし。

弥陀の本願まことにおわしまさば、釈尊の説教、虚言なるべからず。

仏説まことにおわしまさば、善導の御釈、虚言したまうべからず。

善導の御釈まことならば、法然のおおせそらごとならんや。

法然のおおせまことならば、

親鸞がもうすむね、またもって、むなしかるべからずそうろうか。

詮ずるところ、愚身の信心におきてはかくのごとし。

このうえは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからいなりと云々

f:id:meirin41:20160627103335j:plain